くも膜下出血の予防と症状

脳卒中の約10%を占める「くも膜下出血」は、突然に命をおびやかす、極めて怖い病気です。健康な毎日を送るために、正しい知識と予防法を知っておきましょう。



サイトトップ > くも膜下出血とは

スポンサードリンク

くも膜下出血の予防と症状

くも膜下出血とは


くも膜とは、脳を保護する膜の一つです。脳を保護する膜は3層あり、外側より硬膜・くも膜・軟膜と呼びます。


くも膜と脳との空間を「くも膜下」と呼び、そこには脳の栄養血管が走り、保護液でもある脳脊髄液(無色透明の体液)も循環しています。「くも膜下出血」のほとんどは、脳に血液を送る太い動脈にできたこぶ(動脈瘤)が破れて、脳の表面に出血するのが原因です。


ほかに、動脈硬化による血管壁の異常や菌の感染などがあります。くも膜下出血は、一刻も早い入院が必要です。内科治療には限界があり、最終的には手術が望まれます。


くも膜下出血のうち約半数の人は出血と同時に死亡してしまい、何とか病院に運ぶことができたとしても、状態が悪くのちに死亡、または寝たきりの状態になってしまうといわれています。とくに再出血による死亡率が高いのが「くも膜下出血」の特徴です。


また、発症後3週間以内に動脈が急に収縮することがあり、この「脳血管攣縮」が起これば、意識低下や運動麻痺がおきたりします。脳梗塞になることもあります。しかし逆に、約3割の方は順調に経過して退院、社会復帰を果たしています。残りの2割の方は、何らかの後遺症を残されるといわれています。


なお、くも膜下出血は、脳卒中全体の10%を占めており、脳出血と合わせて「出血性脳卒中」とも呼ばれます。


くも膜下出血の予防と症状

MENU



スポンサードリンク